スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク講習

Category : 雑記
3日間のバイク講習が終わりました。

ニジェール人の先生と、先輩隊員のサポートつき。

日本での運転経験もほとんどなかったので、いきなりのオフロードはけっこう恐怖でした。

ニアメ市内にある練習場へ移動しての講習。

メニューとしては、急制動とかスラロームとか、8の字、波状路、1本橋など日本の自動車学校と大体同じでしたが、とにかく砂地が多くてハンドルを取られたり、滑ったりとなかなか難易度高でした。

練習場には、ヤギとか羊(まだ見分けつかない)、牛が草を食べに来たり、近所の子どもたちが興味津津に見に来たりして、のんびりした雰囲気でした。

市街地もけっこう走りましたが、車や人が多いところ、砂が深いところ、牛が前を横切るところなどあり、日本にはないテクニックが要求された。

日中はもう40℃くらいの気温で、汗をかいてるのもわからないほど乾燥してるし、長袖・長ズボン、フルフェイスのヘルメットとプロテクターでかなり過酷でした。まだまだ朝晩は涼しいけれど。


講習中、がんばって登った丘の上はまるで砂漠で、遠くにはニジェール川が見え、なかなかの景色でした。


ニアメの未舗装道路。
ニジェールの道


教習所内の牛。
牛出現

アフリカ的な木。
アフリカ的な木

バイクと私。
バイクと私

ヤギだか羊だかとバイク。
ヤギとバイク

木に登ってみる。
木のぼり

これは…?
これは・・・?

丘の上はまるで砂漠。
まるで砂漠


みんな苦労して登る。
みんな一苦労

コース上のヤギを追い払う先輩隊員。
ヤギを追い払う先輩隊員


今日の午後は試験でしたが、なんとか無事に終了。

来週からいよいよ配属で、任地のドッソに移動します。

遊牧民的生活に終止符。ようやく少し腰を落ちつけられる感じがします。

まずは生活の基盤を整えなくてはなりません。


スポンサーサイト

ホームステイ

Category : 雑記
ホームステイから帰ってきました。

配属先(ドッソ県保健局)の運転手さんの家に2泊。

奥さんと子ども6人、あと親戚の人(学校に通うために村から出てきているという)と同居していて総勢13人。

ヤギと羊とハトとニワトリとウサギと犬もいてにぎやかでした。
家畜



首都から南東へバスで2時間、自分の任地でもあるドッソへ。

途中で見た風景は、首都とまったく違っていて、またこの国のイメージが変わった。

だだっ広いサバンナみたいな風景。

サバンナ


道路のそばにある村落部の様子。

風景

風景(家)


受け入れ先の人たちは家族ぐるみで親切にしてくれて、家の子どもと遊んだりザルマ語を教わったり、食事を作るところを見せてもらったりした。


今回は、配属先の県の保健局にも連れて行ってもらい、挨拶してきました。ここはすでに日本のボランティアが活動している場所なので、かなり理解はあるほうだと思われる。カウンターパート(受け入れ担当者)にも会いました。

敷地内にある診療所と、分娩のための場所にも案内してもらう。ちょうど、昨晩、村の産婆さんと一緒に来て産まれたばかりの赤ちゃんも見せてもらいました。


ホームステイの受け入れ先の人はフランス語があまり通じず、配属先に連れてきてくれたまま仕事でいなくなったりして、どうしていいかわからず2時間くらい待たされして、ニジェール的時間感覚を実感したり。

今回予定していた家の契約などもできず、少しイライラしてしまったりもした。

職場の人たちも思ってたよりずっと現地語で話す人が多く、今後の活動への不安とかいろんな心の動きがあった。


そんなとき夜ふと見上げた空は、星がきれいだった。



ホームステイ先は、まだ電気も水道もきていない地区で、昔ながらの生活を体験した。

家族と同じ、ニジェール料理を食べた。

モ ンダフォイ(米とソースという意味)

ご飯(もんだふぉい)


クルバクルバ(トウモロコシをこねて餅みたいにしたやつ)とバオバブの葉のソース
(これは正直イマイチだった。。。)

クルバクルバ



家の様子。

水は、近くの水道のあるところから大きな容器一個10フラン(約2円)で買っている。

電気は来ていないが、小さな発電機を使ってテレビを見たりすることもできるそうだ。

夜は、子どもたちと一緒に近所のテレビのある家に見に行ったりした。


台所とかまど。

台所

かまど

水浴び場。

水浴び場所

トイレ。
トイレ


街の市場。
マルシェ

マルシェ


絶妙なバランスで歩く女性。
絶妙なバランス


今日の朝は、ようやく住む家を見るだけ見ることができて、一安心。

前に先輩隊員が住んでいたところなので、家具や冷蔵庫、コンロなど一通りあるし(家には電気も水道も来ています)、そのまますぐにでも住めそうな感じ。

敷地内に住んでいるガルディアン(これから雇う予定の守衛さん)一家とも会い、今後の生活はとりあえず何とかなりそうです。


今日は首都のJICAのドミトリーに戻ってきました。

いろいろ経験できて、また世界が広がった感じです。



来週からホームステイ

Category : 雑記
今週で現地語学訓練が終了しました。

来週からは、いよいよホームステイで任地のドッソという街に移動します。

住宅・警備員の契約や配属先(ドッソ県保健局)の見学など、慌ただしくなりそうです。

ドッソは、首都ニアメからバスで2時間、人口4万人くらいのゆったりした街だそうです。

首都からも近いし、生活にも困らないらしい。

これからいろいろ楽しみです。

今日はバスのチケット予約と、買い物で街中へ。


月曜日に出発予定でしたが、ストがあるから休みだよと言われ、ホームステイも翌日に変更になる。

同期のメンバーと、電気屋、服屋、スーパーなどを見てまわる。

道端に、ヤギが普通に歩いている。


グランモスケ(イスラムの礼拝所)。

グランモスケ


EMIGからの夕焼け。

夕焼け




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。